HOME>イチオシ情報>新築のアパートに投資をする場合メリットが結構ある

コンスタントに収益を出せるのがメリット

マンションの模型

資産運用をするときに新築アパート投資を利用してみましょう。新築アパート投資のメリットはコンスタントに利益を出せる部分です。これはインカムゲインという投資方法でマンション投資などでは最もポピュラーです。アパートを丸々購入して収益物件として機能させます。住居者を募集して部屋に住まわせると毎月コンスタントに月額利用料金を得られるのがメリットです。顧客が増えるほど毎月の利益も増加します。アパートなのですぐに退出することもなく長期的な利益を見込めるのが強みでしょう。新築アパートなら見た目もきれいなので集客力もあります。設備なども最新のものを入れておけば物件の売りとしてアピールできるので便利です。

初期費用が結構高いので注意

男女

新築アパート投資は基本的に中古アパートを購入するよりも金額は高くなってしまいがちです。ただし新築アパートは物件としての価値が非常に高いです。家賃が下がる心配が少ない初期の金額を長期間維持できます。アパートやマンションは耐用年数というものが設定されています。これは物件の資産価値に相当するものです。建築して年月が経過すると物件の価値はどんどん下がります。中古アパートなどは物件自体が劣化しているのでその分購入費用も安く家賃も安価です。新築アパート投資なら費用は高いですが集客力と収益性があるので、資金を用意できるのなら購入してみましょう。

融資は受けやすいので人気

男女

注文住宅を購入するときに銀行から融資を受ける人は多いでしょう。基本的に住宅は建築してみないとどれくらいかかるのかわかりません。そのため融資難易度はちょっと高めです。新築アパート投資は初期コストが高いですが収益物件として機能します。そのため銀行からの融資も難易度が低いのがメリットです。特に新築物件は法定耐用年数が非常に高く担保評価が高めなので、金融機関からも評判が良いです。利回りは新築だと低めですがそれでも審査は通過しやすいので多くの方に人気があります。

広告募集中